こんにちは。ブログへのご訪問ありがとうございます。
愛知県東海市で中古住宅の不動産販売とリノベーションをしています「くらすま」店長の、わたなべです。
皆さんの家づくりのプラスになる知恵や情報を、女性店長ならではの目線でお伝えしていきます。今日は、家づくりの予算についてのお話です。

銀行が教えてくれる限度額=あなたの購入予算ではない

銀行が教えてくれる限度額=あなたの購入予算ではない

不動産屋のチラシなどで、「住宅ローン、全額借りられました!」と喜んでいる家族の写真を見たことはありませんか? できるだけお金を借りて、あこがれの立派なマイホームを建てるのが良いこととでもいうようなチラシを見ていると「本当にそれで大丈夫?」と思ってしまいます。

銀行などの金融機関が示す融資限度額は、あくまで「ここまでなら貸せますよ」という限度を示した金額です。金融機関は貸すのが仕事。「ここまで貸せますけど、あなたの暮らしに合わせてこのくらいでやめておいた方が良いのでは」なんて、わざわざ金額を下げる提案をしてくれるとは考えにくいですよね。

つまり、「融資限度額=あなたに適した購入予算」ではないということです。

これをまず、しっかりと意識する必要があります。
そこを間違えると、後々大変なことになってしまうのです。

私はくらすま店長になる前、チタジュウグループ(くらすまもその一部です)で工務店さん支援をしていました。
ある日、工務店さんがお客様の声を一生懸命形にした、素敵な家が建ちます。入居の時はご家族みんな、目がキラキラ輝いています。しかしその後を見ていくと…。

住宅ローンが払いきれずに破産し、泣く泣く家を手放すご家族の姿、背負いすぎた住宅ローンのせいで、夫婦げんかが多くなり離婚して、立派な家にご主人ひとりとローンだけが残ってしまった姿。こうした姿を見るたびにつらくなりました。「せっかくのマイホームなのに、こんな結末になるなんて…。こういうお客様を減らすためには、どうしたら良いんだろう…」。

物件を探す前に、まずは予算決めを

物件を探す前に、まずは予算決めを

「こんなはずじゃなかった」というお客様をなくすために、私がやろうと決めたこと。それは、くらすまの店舗にいらっしゃったお客様には、まず専門のファイナンシャルプランナーのサポートを受けながら、「わたしの適性予算」を決めてもらうことです。

くらすまは中古住宅+リノベーションのお店。中古住宅を探していらっしゃる方が、相談に来られることが大半です。そこで「ご予算はおいくらくらいですか」と訊いて、自信をもって答えられる人はどれだけいるでしょうか。

家を建てる、購入するという行為は、人生の中でそんなに何度もあることではありません。なのに、金額の大きさと言ったら、人生最大の方がほとんどでしょう。こんな買い物の予算を、正しく計算できる人が一体どれだけいるでしょうか。そこで出てくるのが、冒頭の融資限度額です。「このぐらいなら貸せますよ」を「我が家の予算はこのぐらい」と脳内変換してしまうのも、罪はないですよね。だから、ストップをかけるべきは、プロの側です。不動産屋や工務店などが、お客様の適正な予算をもっと親身になって考えるべきなのです。

くらすまでは、早い段階で時間を設け、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーが相談に乗らせていただきます。家づくりにおける「わたしの適性予算」は、収入額や年齢だけを見ていても出てきません。「子どもの人数」「子どもの教育資金」「何を大切に暮らしたいか」など、家族の「今」と「未来」を細かく丁寧に見ることが必要です。これを専門家が1~2時間かけて行っていくことで、やっと適性予算が見えてくるのです。

「わたしの適性予算」がスタートライン

「わたしの適性予算」がスタートライン

適性予算がはっきりすると、お客様の姿が変わってきます。ご自身で考えた何となくの予算では「ちょっと高いけど無理しちゃえ」と思ってしまったり、「無理しちゃったけどやっぱりこれじゃきついかも」とまた不安になったりとなかなか進めなかったお客様も、地に足の着いた物件探しやリノベーション相談をされるようになってきます。

その後は私たちの出番。購入後のリノベーション、リフォームにどのくらい力を入れたいのかをお聞きし、その予算を算出。すると、残った額が土地探しにかけられる予算となります。(実際は各手数料などにかかる費用もあるので、ざっくりとしたイメージです)。

お客様によっては、奥様の自己資金がかなりあるなどの理由で、ファイナンシャルプランナーと相談してみたら、融資限度額よりもう少し頑張って買っても大丈夫と言われるようなこともあります。そんな場合も、私たちも安心して物件紹介ができるので、専門家に適性予算を出してもらうというのは、お客様にとっても、私たちにとっても、大切なことなんですよね。

予算がはっきりして、やっと物件探しのスタートラインに立てるというイメージです。結婚の平均年齢も徐々に高くなっている最近は、40代に入ってから家を購入する人も増えてきました。そこで限度額いっぱいに多額のローンを背負うと、返済期間が短い分、毎月の額は増えますし、本当に大変です。破産や離婚も増える傾向にあります。

限度額ではなく、「わたしの適性予算」がどのくらいなのかを、今と未来をイメージしながら、お金のプロと一緒に考えてみてくださいね。その1~2時間は、きっと将来のあなたに感謝される時間になると思いますよ。

ライン登録はこちら