こんにちは。ブログへのご訪問ありがとうございます。
愛知県東海市で中古住宅の不動産販売とリノベーションをしています「くらすま」店長の、わたなべです。

皆さんの家づくりのプラスになる知恵や情報を、女性店長ならではの目線でお伝えしていきます。
今回は、寒い冬を、できるだけ暖かく暮らすための工夫について。一番の注目ポイント「窓」に絞ってお伝えします。

部屋の暖かい空気、半分以上は窓から逃げる

冬場、温かい部屋で快適に暮らしたいと思ったら、「窓」に手を付けるのが一番効果的です。(一社)日本建材・住宅設備産業協会の調査によると、冬場(外気温が-2.6℃の場合)、家の温かい空気の58%が窓から外へと逃げていくのだそうです。窓を開けておいたら、という話ではないですよ。熱は温かいところから冷たいところへと移動するので、断熱材がしっかり入っている壁面などと比べて熱が移動しやすい窓から、閉めていたって大量の熱が逃げてしまうのです。

ということは、窓を何とかすれば温かく暮らせるわけです。窓は家中にいくつもありますが、一番初めに改善すべきはリビングの窓でしょう。リビングは家族が一番集まる場所。滞在時間の長さも断トツトップでしょう。大きな掃き出し窓が付いていることが多く、そこから熱が逃げるため、暖房で温めた空気が四六時中去っていくわけです。私たち人間に良くないのはもちろん、暖房がフル稼働では環境にも良くないですよね。

リビングの掃き出し窓を樹脂の複層ガラスに

ご自宅のリビングの窓を確認してみてください。単板ガラス×アルミサッシの組合せだったら、窓を変えることで部屋の暖かさが格段に上がる可能性が高いです。

単板ガラスというのは、ガラス部分が1枚の窓という意味。最近の家は複層ガラス(ペアガラス)が多く、複層だとガラスとガラスの間に空気の層ができるため、熱が伝わりにくくなるのです。

またアルミサッシは、アルミの熱伝導率(熱を温かいところから冷たいところへ移動させる力)が高いため、部屋の熱が逃げやすくなってしまいます。

これを樹脂サッシに変えると効果大。ただし、樹脂サッシはお値段もなかなか高いため、財布と相談が必要になりそうです。

このように窓ごと取り変える方法以外にも、できることがあります。今の窓の内側に、内窓を付けるのです。今の窓を外して新しく取り付けるよりも、内側にもうひとつつける方が、防音性が上がったり、防犯にもなったりと、良いところがいろいろとあります。我が家もリビングの出窓に内窓を付けました。

飼っているワンコの鳴き声がご近所迷惑かなと気になっていたので、その点でも良かったです。防音効果はかなりのもので、夏場はこれまで、家の向かいにある公園のセミの鳴き声がすごかったのですが、内窓を付けてからは気にならなくなりましたよ。

ただし、ひとつ面倒な点が…。内窓を付ける形だと、これまでの窓とそれぞれに独立して窓が2つある、ということになります。そのため、窓の鍵を閉めるのも2つ。窓を開ける時も開ける作業を2枚分しなければいけない、そのへんのわずらわしさはありますね。それが避けたい方はやはり、窓ガラスを「追加」ではなく「変える」方が良いのではないでしょうか。

もっと手軽に何とかしたい、という方は「カーテン」を変えるのがおススメ。今は、素材を工夫したり、厚みを増したりして、断熱効果の増したカーテンが多数販売されています。一度「断熱カーテン」でネット検索してみてください。いろいろと出てきますよ。

購入の際は、窓の高さをしっかり測って、ピッタリになるようにしてくださいね。窓の高さにほんの1cmや2cm足りないだけで、せっかくの温かさが逃げてしまいますから。くらすまでもカーテンの提案ができますので、リビングの雰囲気に合う、機能的にも優れたカーテンにしたいと思ったら、ご相談を。
もちろん、ペアガラスや樹脂サッシ、内窓の設置なども対応していますよ。

お風呂場の窓はDIYで

リビング窓の対策ができたら、もう1ヶ所、気にしたいところがあります。それは、お風呂の窓。冬場になると、熱い湯を入れてもすぐに冷めてしまい、何度も追炊きをしているというお宅は、窓の工夫で悩みを解消できるかもしれません。

リビング窓のようにリフォームをしても良いのですが、小さいお風呂の窓なら、ホームセンターで買ってきた材料でDIYをするのもおススメです。

スタイロフォーム

「スタイロフォーム」という名前の断熱材を知っていますか? 発泡スチロールの進化版のようなもので、壁の断熱にも使われています。ホームセンターでも売っていて、カッターで簡単に切れるので、これをお風呂の窓サイズにカットし、取っ手を付ければ完成。入浴時に窓部分にパカッとはめれば熱が逃げるのを防げますし、その後窓を開ける時は取っ手を持って外せばOKです。

ほかにも「プラスチック段ボール」と呼ばれる素材。薄くて光を遮らないという利点があるので、昼間に自然光でお風呂に入りたい方などは良いかもしれませんね。また、アルミシートに穴をあけて突っ張り棒に通し、カーテン風にする手もあります。

我が家は先日、こんなものを作ってみました。

スタイロフォーム

使い勝手も良くて、確かに断熱効果もあり、重宝していますよ。皆さんも作ってみてはいかがでしょうか。今回は窓に注目して書いてきましたが、浴室でいえば、浴槽そのものを断熱浴槽にしたり、ユニットバスごと周りを断熱材で包むなど、新しい技術や建材でできることも増えてきました。

スタイロフォーム

スタイロフォーム

「冬、暖かい家へのリフォームを」という時にはいろんな方法がありますので、一度相談に来ていただければ嬉しいです。お家の状況にあった改善策が、きっと見つかると思いますよ。