こんにちは。ブログへのご訪問ありがとうございます。
愛知県東海市で中古住宅の不動産販売とリノベーションをしています「くらすま」店長の、わたなべです。

皆さんの家づくりのプラスになる知恵や情報を、女性店長ならではの目線でお伝えしていきます。
今回は、家の保険について。細かく種類があるなかで、自分にピッタリの保険内容になっていますか?というお話です。

家の保険=火災保険だけではありません

今年は各地で、台風の被害が大きい年でしたね。飛んでしまった瓦屋根や浸水してしまった家などをTVで見た方も多いのではないでしょうか。
そうした自然災害に遭ってしまった家を、皆さんどのようにして修理するのでしょうか。

修理そのものは、家を建ててもらったハウスメーカーや工務店、地域の業者さんなどが大忙しでやってくれます。では、そこに支払うお金は?ここで家の保険が活躍してくれるのです。

くらすまの火災保険

家にかける保険というと「火災保険」とイコールだと思われている方が少なくありません。ですが実際、保険の多くは、「火災」だけでなく「風災」「水災」も含んでいます。「台風で屋根が壊れてしまった」時は「風災」として、「大雨で家が水びたしになってしまった」時には「水災」として、保険で直すことができるんですよ。

くらすまの風災、水災保険

ただし、いろんな保険がありますので、「風災」や「水災」などそれぞれ別に入る形になっていて、入っていない方もいらっしゃるでしょうし、保険の対象も「建物」と「家財」とで分かれ、どちらにいくらかけているかで変わってきますので、保険がカバーしてくれる範囲や額も、それぞれで違ってきます。

保険は、いざ使える状況になっても、自分から連絡しない限りは適用されません。もらいそびれが無いように、どんな保険内容なのかご自身の保険証書を今一度確認してみてくださいね

地域や立地によって入るべき保険は変わる

保険を細かく見ていくと「こんなところもカバーされているんだ」と気づくとともに「あれ、ここまでは要らないかも?」と感じることも出てきます。

水災と堤防

例えば「水災」は、川の近くに住んでいて、堤防よりも低い位置に家が建っているような方は必須ですよね。また、家の後ろが山や崖という方も外せません。一方、高台に住んでいる方は「水害で床上浸水」の可能性は、まず考えにくいですよね。水災補償縮小型を検討してみても良いかもしれません。

「風災」は、何といっても台風が心配です。また竜巻が起こることもあります。風で瓦屋根やカーポートが飛んでしまったら、風災の保険に入っていれば直せます。今年の台風被害などを見ると、台風の進路に当たってしまった時には甚大な被害になることも。やはり風災の保険は、入っておいた方が安心と言えそうです。

また「免責金額」がいくらになっているのかも、チェックしてみてください。免責金額とは、損害があったときに「この金額以内の損害は、保険金が支払われません」とする金額です。0円にすることもできますし、何万円かで設定することもできます。免責の金額が高いほど、保険の掛け金を安く抑えることができますよ。

周りの人に迷惑をかけてしまった時に生きる保険

「家の保険」というと、自分の家のための保険というイメージが沸きますが、考えておきたい側面があります。
それは「周りの人に迷惑がかかってしまった時」のこと
「自分のことより、他人に迷惑をかけてしまった時の方が胃が痛い」という方も多いのではないでしょうか。

そんな時にも、家の保険は役立ってくれるんですよ。ただし、基本的なパックにはその部分が入っていないことも多いので、オプションで入っておくことが大切です。ここでは代表的な2つの例を紹介します。

1つ目は、自分の家から出た火事で、お隣の家にまで延焼してしまった場合。たいていの火災保険の守備範囲は「自分の家が火事で燃えてしまった時」です。なので、対象は自宅。隣の家で火事があって、自宅まで燃えてしまった場合は保険の対象となります。

怖いのはその逆。自分が出した火事で、隣の家まで延焼してしまった場合は、隣の家のための保険金は出ないんですよね。そこをオプションで賄えます。

くらすまが扱う東京海上日動の保険ですと「類焼損害賠償特約」という名前で、お隣の火事がご本人の火災保険で賄えない分を補償してもらえます。また「失火見舞用保険金」というものがあり、迷惑をかけてしまったお宅への見舞金も持参できるようになっています。

お見舞金

2つ目は、風災でカーポートが飛んでしまうなどした時に使える「個人賠償責任保障特約」。
これは風災に限らず、自分が起こしたことで他人に危害が及んでしまった場合に使える補償です。
一時期よく話題になった「自転車で他人をケガさせてしまった」という時なども使えます。

入っておくのをお勧めしますが、この補償は自動車保険などにも付いていることが多いです。また、個人個人で入っていなくても同居の親族はカバーされるので、家族皆がそれぞれに入る必要もありません。重複して入っていないか、一度見直してみると良いですよ。

今回は家の保険について、皆さんに知っていただきたいことを書いてきましたが、保険というのはいろいろと細かく、正直良く分からん!という方も多いと思います。私、店長わたなべも、いつも勉強を重ねて、資格も持っていますが「一般の方が、自分で適切な保険を判断するのは、なかなか難しいだろうな」と思います。

くらすまでは、皆さんの保険の見直し相談にもお応えしています。ご自身の家の保険、これでいいのかな?と不安に思ったら、良かったら一度お越しくださいね。

ライン登録はこちら